まいはまにあ!

P6253017


久々にまともな記事を書きますw
そして年パと一眼を更新して初のまともな記事でございますw



6/24から始まった,ディズニー七夕デイズ。

今年はシーでも七夕がイベントとしてフィーチャーされています。
グリーティングショーや,バレンタインナイトのような限定ショーを展開中(七夕ウィッシング)!




P6253016


アメリカンウォーターフロントの,バーナクルビルズ横のウィッシングプレイスでは,ウィッシングカードをもらって願い事を書き,飾ることができます!
これまで東京ディズニーランドのみで行われていたことが,シーでもできるようになりました。


P6253018


まずは,ウィッシングプレイスにいる浴衣姿のキャストにウィッシングカードをもらいましょう。
机とペンが用意されていますので,その場で書くことができます。
 

P6253020


かわいいミッキー型の短冊に,あなたならどんな願いを書きますか??



P6253019


僕も一緒に行った仲間と願い事を早速書いてきました!
1人1枚ずつもらえますので,みんなで書いてみては? 





 

P6181972


お久しぶりです^^

また約2か月間,放置しておりました…ww


本日6月20日より,ブログのトップ画を変更しました!!

つい最近ハマり始めた「テーブル・イズ・ウェイティング」の一コマです。




ここ1ヶ月の間に,ミラーレス一眼と共通年パを購入しました! 
年パを購入したのはつい先週の話ですが。

金額,合わせて…うっ,考えたくない←


この最強の2つを組み合わせ,今後このブログを潤せれたらなと思いますw


この写真も,購入し た一眼で撮影したものです。
一眼に関してはぜーんぜん詳しくなくて勉強し始めですが,とにかく画質が違う!ってのだけはわかりますw
あとブレにくい!w




では近々また更新いたします♪







 Twitterもやってます!
わりと呟いてますので,よかったらフォローをお願いします♪
全然フォロワーさんいないので…ww
 

アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション- (2枚組ALBUM)

アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション- (2枚組ALBUM)




1ヶ月以上ブログをほったらかしにしてしまいましたが,生きておりますw





この1ヶ月,パークでは30周年イベントが終わり,今月2日からは両パークでイースターイベントがスタート。
映画は『ウォルト・ディズニーの約束』,『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』が公開。
『アナと雪の女王』は日本でも爆発的なヒットを記録中です。


以前,日本盤サントラは本国盤に比べて内容が内容が充実していないという話をしましたが,5月3日に”デラックス・エディション ”として,通常盤の楽曲に加え配信限定だった日本語吹き替え版の楽曲やインストも含めたサントラが改めて発売されるようです。

通常盤のサントラがかなり売れてる状況での発売なので,デラックス版がどれだけ売れるかわかりませんが,まぁ正直最初からこれを売ってほしかったですよね…w
「ヒットを受けて急遽発売が決定」とのことですが,まぁもともとそういう商法なのかもしれませんね。

日本語吹き替え版の3Dも4月26日からようやく公開されますし,リピーター戦略,グッズ戦略が巧みですなぁ。
どれだけ記録を伸ばせるのかに注目ですね。


ディズニー映画としても歴史的なヒットなので,今後のパークに影響が出るのは必至だとは思いますが,まぁアメリカのパークほど素早くは反映されないでしょう。
新しいデイパレードだって始まったばっかりでリニューアルもしないだろうし,5月29日からスタートする「ワンス・アポン・ア・タイム」に『アナ雪』のシーンがあるとは考えにくいですね。
海外パークは映画の登場に敏感で,キャラグリやらショーやらにすぐ反映するとこが魅力的ですよね~。
アナとエルサのグリーティングはとっくに行われていて,カリフォルニア・アドベンチャーのショー「ワールド・オブ・カラー」のクリスマスver.には『アナ雪』がフィーチャーされたシーンがありました。






動画は,デラックス版にも収録される25ヶ国語メドレーバージョンの"Let It Go"のPVに,エルサの声優たちの収録風景を入れたもの。
まぁこの映像は後撮りだとは思いますがw

この動画すごく好きなんですよねー。
松さん美しいですね~…←
でもほんとに皆さん美人ばかりで目の保養にもなりますな。(20歳の発言です)






さて,先日ようやく日本語吹き替え版を観に行けたので,また改めて『アナ雪』の感想をつらつら書いていきたいと思います。

途中からネタバレを含む感想となりますが,そのときはきちんと記載してありますのでご安心を。





吹き替え


まず吹き替え版についてですが,期待以上によかったです!!
歌に関しては以前からダウンロードして聴いていて,声いいなぁとか,ここの訳もうちょっとどうにかならんかったのかなぁ…とか思ったりしてましたが,セリフ部分含めて本当によかったと思います。
ギャグシーンが多い映画ですから,日本人にとっては日本語の方が圧倒的に馴染みがあるので,そういう場面が理解しやすく,そういった意味で字幕版よりも楽しく観ることができました。

松さんは期待通り,そして神田アナはちょーーかわいかった!←
神田沙也加は松田聖子の娘~って事実ぐらいしか知りませんでしたが,すごくいいですね,神田さん!w
なんだかアナがもっと好きになりましたよw

ピエール版オラフも,歌声を聴いたときにちょっとおじさんっぽすぎるかなぁと思いましたが,映画を観たら愛おしくなりましたw
ギャグ部分がすごく映えてますね!




↓↓↓↓ここから先は多少のネタバレを含む感想となります↓↓↓↓


ちょっと気になったのは,やっぱり歌の訳ですかね…。
もちろん,英語のもつ特徴と日本語のもつ特徴がだいぶ違く,日本語にする際は英語で表された内容をうまく抜粋して,しかも口の動きに合わせた訳にしなければいけないという難しい作業があるのは重々承知です。


とくに「生まれてはじめて(リプライズ)」の歌詞。
エルサは自分の魔法によってアレンデールが永遠の冬に包まれてしまった事実を知り,困惑と恐怖をおぼえます。
それをアナに戻してくれと言われますが,そうやって夏に戻すかなどわからず混乱し,恐怖で魔力は強くなっていくというシーンです(ですよね?←)。
そして最終的には自分の魔法でアナの心臓を傷つけてしまいます。

そのときの歌詞が,英語では"I can't!(できない!)"で,自分の魔力がコントロールできない恐怖から魔力が余計に強くなってしっていることが表されていると思います。
トロールが「恐怖が魔力を強くする」と言っていましたしね。
でも日本語では"帰って!"と言っています。
これだと,帰って!と言いながらアナを攻撃しているように見えてしまわないかなーと余計な心配をしてしまうんですよねw
恐怖で力が爆発してしまったというのと,怒りで力が爆発しまったというのではエルサの人柄を知るのにだいぶ影響があると思うので…。




ストーリー


正直,最初見たときは第一印象として薄っぺらい話だと思ってしまいましたw
事の経緯としてはもちろん何年にも及ぶ話ではありますが,トラブル発生から解決までは1~2日とかしかかかってないように見えますしw実際はもっとかかってるのかもしれませんが…。
実際,そういう感想を持たれる方も結構いらっしゃるんじゃないかと。

ただ,なんでだろう,2回目観たときは泣きましたねww

1時間40分あるこの映画ですが,観終わると非常に短く思えます。
だいたいディズニー映画ってそんぐらいの長さだと思いますが,時間的な感覚として「え,もう終わり?」と思ってしまいます。
たぶん,それがこの映画の良さであり,リピーターが多いワケでもあると思うんですけど。
それが最初の「薄っぺらい」と感じてしまった理由でもあると思います。
ただいまの個人的な感想としては,「何度見ても見飽きないよくまとまった映画」って感じですね。

見飽きない理由の1つは,個人的には「冒険活劇」じゃないからだと思います。
アナはクリストフとスヴェンやオラフに出会いながら城を去ったエルサを探しに行きます。
たぶんそこに映画として十分な時間はかけていると思うんですが,それがちょうどいいんですよね。
冒険活劇って,それがメインになって,いくつものトラブルをくぐりぬけつつやっと目的のものを発見する場合が多いと思います。
ただ,今回はトラブルというとオオカミに追い掛け回されるシーンぐらいで(でもこのシーンもくどくない),わりとすんなりエルサを見つけますよねw
「もう見つけちゃうのかよw」と思った方もいると思いますが,それがこの場合は心地よかったですw



↓↓↓↓ここから先はかなりのネタバレを含む感想です↓↓↓↓




で,最初に観たとき「薄っぺらい」と思ってしまったのがラストシーンのせいでもありました。
ディズニー映画にはよくあることですが,問題解決するとこがサラッとしすぎるんですよねw
今回の場合は,あんだけ「できないできない」言ってたことを,「せや,愛や」って言ってすんなり遂行してしまいますw
そこがちょっと引っかかってたんですが,今思えばそこくどくど書いたところで感動するかってぇとそうでもないわけで。
事実,2回目にして左目からポロッと出てしまいましたからw(ちなみに泣いたのは,アナが苦しみながらクリストフの方に歩いていくも,エルサを見て…ってとこです)

オチは姉妹愛だったわけですが,これもディズニー映画としては新しく,感動できる展開でした。
出会ったばかりの男との「真実の愛」ではなくて,家族愛という「真実の愛」。




…で,また引っかかったところを1つw
これもまた「生まれてはじめて(リプライズ)」のシーンですねw
アナを傷つけないように,王国へ帰れというエルサ。
聞かないアナを,子供のころと同じうように(いやそれ以上に)魔法で傷つけてしまいます。
さらに,デカイ雪男を作り上げて,アナたちを城から力ずくで追い出してしまいます。
…ん?
子供のときの,魔法でアナを傷つけてしまったというのをトラウマに生きてきたんだよね?
んで,不本意でまたアナを傷つけたのに(しかも今度は致命的な傷w),あんな乱暴に追い返す…?
まぁたしかに傷つけてしまったことで混乱し,さらに知らない男がやって来てまた恐怖を覚えての行動だとは思いますが…でも,ね。
ほぼ妹のために孤立して生きてきたようなものなのに,あんだけ傷ついた妹を…www




ヒットの要因とは?



リピート率などのデータはおそらく出てないですが,こんだけヒットしてるってことはリピーターがこれまでと比べて格段に多いというのは確実にあるでしょう。
26日から日本語版3Dも公開されることだし,会社側もそれを狙っているのがわかりますよね。

さっきも挙げたように,まぁ個人的な感想の範囲ではありますが,まず見飽きないってことはかなり要因になってるんじゃないでしょうか。
"Let It Go"のシーンをはじめとした印象的なシーンも多いですし。

とにかく"れりごー"の普及具合はすごいですよねww
道端でも「れりごー♪」やら「ありのー♪」って口ずさんでる人がたくさん見受けられますwまぁ自分もそのひとりですがww
ほんとうに,今回はディズニー好きじゃない人にも劇中歌を頭から離れさせないことに成功してますよねw
例えば,『塔の上のラプンツェル』だってヒットしましたけど,じゃあなんか映画の中に出てくる歌を口ずさんでくれって言われたら,できる人はディズニー好きや作品好き以外にそういないでしょう。
日本ではやらないだろうと思っていた「歌詞字幕付き」も公開されるということで,この映画の歌の力にはものすごいものがありますね。サントラの売れ行きからも窺えます。

公開前から,歌も,映像もとっても印象的な"Let It Go"をYou-Tubeで配信したり,劇場で予告としてフルで流したりといったプロモーションのし方も成功したといえるんじゃないでしょうか。






非常にキャラブヒ要素の強い映画だ!!


あとは,この映画,自分はこれが大きな要因だと思いますが,大いにキャラクターにブヒブヒできるとこがいいんですww

「キャラクターにブヒブヒ」というのは,日本のアニメキャラクターに対して使うのが一般的だと思うんですが,つまりはキャラクターを「かわいい~~~(*´Д`*)」「ステキぃ~~」と思うことです。


この映画のキャラクターは,もちろんディズニーアニメとしてデフォルメはされてるんですが,表情から動きから妙に人間臭くて非常に良い。

プロモーションで強い印象を受けるエルサ。
とにかくビジュアルが美しい。
「生まれてはじめて(リプライズ)」で一瞬見せる表情がほんとうに優しく,アナへの愛が伝わってきます。それなのに,アナを傷つけたときにあ(ry

自分のいちばんのお気に入りはアナ。
アナにブヒブヒする映画といっても過言ではないかもしれませんw
ルックスもかわいいし,しぐさ,エルサとは対照的でおてんばな言動がほんとうに愛おしくなります。
だからこそ,心臓が凍って苦しむ様はほんとうに泣ける…。
あとは目の動き。目の動きがかわいくって…ww
印象的なのは,「雪だるまつくろう」のシーンの「チックタックチックタック」,戴冠式後のパーティーで久しぶりにエルサと顔を合わせたとき,そして最後にクリストフにそりをプレゼントしたとき。

サイドキックも魅力的です。
とくにオラフ!
面白くて,かわいい!!
溶けそうになるシーンは一瞬悲しくなるんだけども,面白くてかわいいんですよねー。







あぁ,書いていたらまた見たくなってきましたw
そうそう,2回目観たときは2Dで,公開から1ヶ月以上経っているのにかなり混雑していたということでかなり前よりで観たんですが,すごくよかったです!
あの画面に包まれる感じ!w
前から観るのもなかなかいいもんですよ♪

ちなみに,4月22日17時現在,Amazonにて北米版のブルーレイを取り扱っています。
もちろん日本語音声や字幕は収録されていませんが,個人的に気に入っているフランス語音声が収録されているので是非とも欲しい(もう注文しちゃいましたがw)。










本日で東京ディズニーリゾートの30周年イベントが終了です。
あいにくの雨でしたが,しばらくお休みに入る&停止バージョン終了のハピネス・イズ・ヒアは雨天バージョンで開催されたようですね。 





以前,こちらの記事で『アナと雪の女王』のサントラについて触れましたが,日本盤のサントラには日本語吹き替え版の劇中歌が1曲も収録されていません。

しかーし!
配信限定で,日本語吹き替え版の劇中歌を全曲収録した「アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック 【日本版】」がiTunesにて販売開始されました!

ただし,店頭販売されているサントラには収録されているスコアは一切収録されていません。
また,10曲目のMay J.による"Let It Go”は,日本語吹き替え版のエンディングで流れるポップバージョンではなく,劇中歌をMay J.が歌ったら…って感じのよくわからないものですw

松版エルサが期待以上によくて,その音源が手に入らないのはかなり残念なことだと思っていましたが,配信限定とはいえ販売されて本当によかった!

先ほど購入して全曲聴きましたが,かなりいいですね!
はやく日本語吹き替え版が見たくなりました^^


はじめて知ったんですが,配信限定のものって結構あるんですね。
『塔の上のラプンツェル』のサントラに収録されていなかった「誰にでも夢はある」の日本語版も,iTunesのサントラには入ってました。


「アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック 【日本版】」に収録されている,ピエール瀧による「あこがれの夏」のフル映像が公式アカウントからアップされました(トップ動画)。

個人的な感想としては,台詞部分は「おー!これがピエール瀧の声なのか!」と思うぐらい”オラフ感”がありますが,歌声はオリジナルと比べてちょっとおじさんっぽさが出てしまっているなぁ…と。






また,すでにブルーレイが発売された本国のディズニーアニメーションスタジオ公式アカウントから,約6分間の本編映像がアップロードされました。

アナがクリストフ,オラフ,スヴェンとともにエルサを探し,エルサがつくった氷の宮殿を発見してエルサと再会するシーンです。
ちょうど"For The First Time In Forever"のリプライズが流れるシーンです(途中で終わりますがw)。

アナが崖を登ろうとするシーン,映画館で笑ったなぁww
こんな感じのコミカルなシーンが多いのも『アナ雪』の魅力というか,ディズニー映画の魅力ですね。
シリアスな映画にそういうシーンが多すぎると逆に萎えちゃいますが…(『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』がそうだった…)。



そうそう,『アナと雪の女王』は日本でも大ヒット中ですが,グッズ人気もすごくて,イクスピアリ内ディズニーストアの東京ディズニーリゾート店からはもうすでに『アナ雪』グッズが消えました…。 
幼少期アナとエルサのドールがすごくかわいかったのですが,もうなくなってましたね…。
再入荷は6月だとかw 
ネットでも「販売終了」となっています。





最後にサントラについてまとめです。
英語版,日本語版の歌曲を含む『アナと雪の女王』の音楽を集めるなら,
・Frozen (Deluxe) [Deluxe Edition, Import] (値段はAmazonにて時間によって変動。2000円強。)
・ 
アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック 【日本版】 (iTunesにて1800円)
(・ レット・イット・ゴー~ありのままで~(エンドソング)をiTunesなどで単曲ダウンロード)
を購入するのがオススメです。
日本盤のサウンドトラックに収録されている全曲はもちろん,輸入盤のボーナスディスクにはデモスコアや"Let It Go"のカラオケバージョンも収録されています。


 

IMG_2131


『アナと雪の女王』絶賛公開中!!!

30周年アニバーサリー終了まであと 3 日!!!





3月14日,『アナと雪の女王』(原題:Frozen)が日本公開となりました!! 

ほんっとに楽しみにしていた私はもちろん初日に観てまいりましたw



IMG_2129



イクスピアリにて,3D字幕で観たんですが,まず言えるのは
「せっかく映画館に観に行くなら,3Dで!」
ってことです。


本編はもちろんのこと,同時上映の短編「ミッキーのミニー救出大作戦」(原題:Get A Horse!)が,かなり3Dを意識した作品になっていて,これは3Dで観なきゃもったいないと思います。

それこそ,まずその短編で心をもっていかれましたww
観たときの驚きが薄れるので詳しくは書きませんが,ほんとに楽しい作品になっています。
字幕版はウォルト本人の声が聞けるのも嬉しいところ。

 
で,肝心の本編ですが,映像,音楽は言うことなし!って感じです。
約1時間40分,大画面であの世界に浸れているのが幸せでしたww


キャラクターがとにかくかわいい。

正直映画を観る前はオラフがあんまり好きじゃなかったんですが,好きになりましたねww
グッズが欲しいですww 

"Let It Go"のビデオをさんざん見てきたので,エルサに関してはほんとに美しくて苦悩を抱える 魅力的なキャラクターだと思ってましたが(広告でもプッシュされてるのはエルサですしね),アナもこれがまたかわいいんだ!←
表情ひとつとってもかわいい。

"Do you want to build a snowman?"のシーンからジーーーーンとさせられ,そこからミュージカルナンバーが出るわ出るわで,本当に見ていて楽しい映画です。
サントラを結構前に購入して聴きまくってたんですが,映画を観たら余計にあの歌たちが頭から離れなくなって…w



ストーリーはまさにディズニーって感じで安心して見ていられますが,『塔の上のラプンツェル』もそうでしたが,わかりきったストーリーをダラダラ見せるだけじゃなくて,ちゃんと展開があるのも見どころ。

注文するとすれば,うーん,なんか足りない気はしてしまいました。もちろん個人的にですけどね。 
約1時間40分の作品ですが,全然長く感じなかったので,もうちょっとアナとエルサに関するドラマがあってもよかったかなぁとは思います。
でも,そういうのをダラダラ描かずに"Let It Go"をはじめとしたミュージカルシーンでバシッと表現するのがディズニー映画だと思うのでそれはそれでいいとも思いますけどね。




今回3D字幕で観たのは,イクスピアリで3Dは字幕版しかなかったから。
もちろん字幕版も観るつもりでしたが,3D字幕は目が本当に疲れるので3D観る時は吹き替え版で観たかったんですけどね。

本国でもリピーター戦略をかなりしていたし,3D吹き替えは少し時間をおいて公開して,2回目を観に行かせる,という戦略なのかもしれません。


 



 観て3日経ちましたが,はやくも2回目が観たいww
今度は吹き替えがいいかなぁ。 


公式アカウントから,"For The First Time In Forever"の後半シーンがアップされています。
訳が微妙…字余りが…とも思いましたが,松版エルサも神田版アナもステキですね!
はやく吹き替え観にいこ…w



 

このページのトップヘ