まいはまにあ!

P1010801





ハピネス・イズ・ヒアをざっと紹介しています。
一応これで一通り紹介し終わりますが,ハピネスの写真は今後もどんどん紹介していきたいと思います。




P1010802


P1010804


P1010803




スワンのフロートには,プリンセスたちとティンカー・ベルという,豪華な面々が。
ティンカー・ベルはブランコ?に乗ってるんですが,ブランコが完全に片方にしか向いていないので,進行方向に向かって右側からしか見えません。




P1010809


P1010812


P1010815


P1010816


P1010817



蝶になったイモムシ(変な言い方ですがw)の木馬に乗ってくるアリス。
最近アリスのかわいさに気づきました←
映画を見ると,アリスのかわいさがわかりますね。
ただ,ほんとに映画自体は"イカれて"ますけどw



P1010822



P1010824


P1010825


BlogPaint



アリスに続き,マッドハッターやトゥイードル・ディー&ダム,ハートの王,ハートの女王がやってきます。
だいぶ『ふしぎの国のアリス』は押されてますねw



P1010827


P1010829


P1010831


P1010833


ハートの女王は巨大なケツをフリフリしながらやってきます。

トランプ兵は,現在の停止バージョンでは3人ずつではなく1人でやってくるみたいです。



P1010836


P1010837


P1010840


プーさんの夢の中に登場する,ヒイタチはラビットを乗せて,ズオウは歩いてやってきます。
「ズオウとヒイタチ,ハチミツ泥棒。ハチミツ泥棒。ハチミツ泥棒。ハチミ(ry」の,あれですw


P1010842


P1010845


BlogPaint



ハニーポットでできたプーさんのフロートは,ハチやハチミツでできたプーさんがいっぱい。
ジュビレーション!でピョンピョン飛び跳ねてたティガーは,今回はハチミツの上でぐるぐる回ってますw







P1010848


P1010850


P1010851


P1010853


P1010858


今回のパレードは,メリーゴーランドのような曲調から始まり,木馬風の乗り物に乗ってキャラクターがやってくるといった,メリーゴーランドを押したパレードになっています。

『メリー・ポピンズ』では,メリーゴーランドが登場する,印象的なシーンがありますね。
今年,公開60周年を迎える『メリー・ポピンズ』。
Blu-rayの発売や,『メリー・ポピンズ』の誕生秘話を題材にした映画『ウォルト・ディズニーの約束』(原題:"Saving Mr.Banks")など,ディズニーにとって『メリー・ポピンズ』が熱い年になりそうです。




P1010859


P1010861


P1010862


P1010864


P1010866


P1010867


P1010868



ドナルド,デイジー,プルート,チップ&デールが乗った豪勢なフロート。
うしろには巨大なミニーちゃんが。

ダンサーさんたちは,『メリー・ポピンズ』の煙突掃除屋さんですね。





P1010870



P1010872


P1010873


P1010874


P1010875


P1010877


P1010878



P1010881



最後にやってくる巨大フロートには,我らがミッキーとミニーが。
ミキミニが同じフロートに乗って,近くにいるのは珍しいですよね!
エレパレはフロートは同じだけど離れてますから。

ハピネスバルーンで浮かぶであろう気球を,巨大グーフィーが持っています。
巨大ミニーと同じように,レトロなデザインの巨大ミッキーと巨大ドナルドも。


何度も言ってますが,とにかく巨大なフロートが多いハピネス・イズ・ヒア。
その1ではちょっと批判的な意見も書きましたが,けっこう迫力があって,カラフルで,楽しいパレードにはなってるんじゃないかと思います。






3月20日まで,期間限定でショーモード付きで観られますので,空いている今のうちに観に行ってみては???
ミキミニの停止位置と,キャラクターがずっとこちらを見てくれるトゥーンタウンは混雑していますが,この時期の平日ならそこまで気合を入れなくても前の方で鑑賞することができると思いますよ♪







BlogPaint



1月14日から始まった,30周年の金ピカコスチュームを着たミッキーとミニーのグリーティング。

すさまじい人気で,開園2分でラインカットという話も…。
こりゃ,相当努力しないと一緒に写真,なんてことはできないかも。
むしろ,努力してできるものなのか!?



BlogPaint


金コスのミキミニグリは,ランドとシー,両方のエントランスで実施されています。

これはランドの様子ですが,すごい列!
平日(木曜日)ですが,こんな列ができている状況です。
で,このエリアを抜けてワールドバザールに入ると,嘘のように人がいません…w



BlogPaint



横撮りしましたw
金ピカコスはかっこいいですね!

25周年のときは,たしか最初っから25周年コスのグリをやってて,しかも他のキャラクターもいたんですが,今回はこのタイミングで,しかもミキミニのみ。
「閑散期の人集め」と言われてますが,残り3ヶ月足らずでこういうことをすると,写真撮り合戦がすごいことになって…。なにかトラブルが起きないといいけど。



BlogPaint



金コスミニー。

ぜひこのミニーちゃんと写真を撮りたいところだけど,ちょっと無理かなぁ…。
この1番空いてる時期でこれですから,この先はもっと無理でしょう。






P1010746


昨日,ハピネスの停止ありバージョンをみてきました!
停止時間は5分くらいで,ディズニーソングのメドレーが流れます。
3ヶ所で停止しますが,それぞれで若干流れる曲が違うのが面白いですね!

停止バージョンについて詳しくは別記事で。






P1010748


汽車のフロートはキャラクターいっぱいの楽しいフロートですね♪

グランピーの反対側にはスリーピーがいますが,グランピー側からだと全然見えません。
ハピネス・イズ・ヒアでは,こんか感じの構造になってるフロートが多いですが,何度も見たくなるようにする工夫なのでしょうか。







P1010751


P1010753


P1010757



『おしゃれキャット』のフロートのてっぺんには,ちゃんとネズミのロクフォールがいます!w









P1010758


P1010759


マリー人気をくんで『おしゃれキャット』のフロートを作ったんだとは思いますが,新アトラクションも発表された大人気のスティッチは木馬でやってきますw
タツノオトシゴの木馬ですね~。






P1010762


P1010763


このニモとギルの登場のしかたは斬新で好きです。衣装がすごく綺麗ですよね。
カモメたちの"Mine!Mine!"が若干しつこいですが…ww


P1010766


P1010770


P1010771


でっかいフロートが多いハピネスですが,この『トイ・ストーリー』のフロートも迫力満点!
かなり好きなフロートです。







P1010777


P1010778


ジーニーはラクダに乗っかって登場!
木馬に乗ってくるキャラクターの木馬も,それぞれ作品に合わせたものになっているところがいいですね!


P1010781


P1010782



P1010783


P1010785


P1010787



お昼のパレードでも久々にアラジンたちに会えるようになりましたw
アラジンとジャスミンが,ジーニーの魔法でゾウになった猿のアブーに乗ってやってきます。
この2人はかなり高い位置にいるので,前からだと見えづらいです。
進行方向に向かって左側にアラジン,右側にジャスミンがいます。








P1010789



P1010791


P1010793


来ましたラプンツェル!!←
ラプンツェルが大好きなので,パレードに登場してくれて嬉しい限りでw

マキシマスに乗ってやってくるラプンツェル。てっぺんにカメレオンのパスカルもいますよ!

この写真を撮ったとき,ラプンツェルが変顔(?)をしてくれたんですが,それがかわいくて///←
3枚目の写真は,変顔したあと自分で笑ってるところです。変顔が撮れなかったのが残念…










BlogPaint


BlogPaint


みにくいあひるの子をはじめ,短編映画のキャラクターもやってくるのもハピネスの魅力です。









"Frozen(『アナと雪の女王』)"の日本語吹替え版キャストが,エルサ役の松たか子さんに続き発表されました!

もう1人の主人公,エルサの妹アナ役に歌手で女優の神田沙也加さん,雪だるまのオラフ役にマルチタレントのピエール瀧さんを起用。

エルサ役の松たか子さん同様,歌唱シーンも2人が務めるようです。
神田沙也加さんといえば,松田聖子さんの実娘で,『レ・ミゼラブル』などのミュージカルもこなした方。
これは期待できますね!





昨日紹介した劇中歌"Let It Go"のマルチランゲージ版がYou-Tubeにもアップロードされました。
25ヶ国語で歌われた"Let It Go"を組み合わせたミュージックビデオになっています。
松たか子さんの歌声も,ちょっとですが聴くことができますよ!







いろんな言語で歌われた"Let It Go"の動画を見てきましたが,英語以外でとくに気に入ったのがこちらのフランス語版です。
何言ってるかはわかりませんが(笑),声とサビの部分("Libérée, délivrée")が好きです。
大学1年のときにちょっとフランス語はかじったんですが,それ以来全く勉強シテなかったので,いつかディズニーランド・パリに行くときのためにまた勉強始めようかな~なんてw



『アナと雪の女王』は3月14日日本公開です。



Frozen


アメリカでは既に公開中のディズニー映画"Frozen"(邦題:『アナと雪の女王』)。


本国ではすでにBlu-rayの情報も出ていますが,日本公開は3月14日。まだ2ヶ月ぐらいありますね。
いま自分はこの映画の公開を楽しみに生きているようなものなので(笑),"Frozen"の情報はこまめに見るようにしてます。






作品自体はゴールデングローブ賞アニメーション映画賞を受賞し,アカデミー賞長編アニメーション部門にノミネートされています。

そして,本国公式アカウントでも日本公式アカウントでもアップロードされている,こちらの劇中歌"Let it go"はアカデミー賞主題歌賞にノミネートされています。
ディズニー映画に名曲は多々ありますが,新たな名曲が生まれたという感じが,公式の押しっぷりにもうかがえますねw

自分もノリノリになるようなメロディーではないんだけども,つい口ずさみたくなるメロディーと,エルサを演じるイディナ・メンゼルの力強い歌声が大好きで,かなり気に入ってます。
しかもなんといっても,このシーンのアニメーションは最高にキレイでかっこいい!!毎日見てますww
魔法を使うシーンや,「雪の女王」に変身していくシーンがグーーッときます。

イクスピアリで,ディズニーと全然関係ない映画を観たときに,まさかのこのシーンのフルが流れて,いつもYou-Tubeでは見てたんですが,大画面で観るとやっぱり迫力が違いました。
とくに音!1番から2番へいくときの間奏がすごく響いて感動しましたw

イディナ・メンゼルといえば,『魔法にかけられて』でナンシーを演じたブロードウェイ女優。
正直,この女優さんがミュージカルで大役を演じていた(『ウィキッド』の西の魔女)なんて知らなかったので,この歌を聴いたときにすごくビックリしましたw
そう考えると,『魔法にかけられて』では歌唱シーンがなかったのが残念ですね。






日本版ティーザー予告に登場した,エルサが両手を広げて歩いてくるシーンにやられたんですが,そのシーンもこの"Let it Go"のシーンで使われていることがわかりますね。
ただ,本編と予告では腕の角度が違いますね…(細かい?)w






こちらは,『キャンプ・ロック』や『ティンカー・ベルと月の石』の主題歌"Gift Of A Friend"など,ディズニーでもおなじみのデミ・ロヴァートが歌う,"Let it Go"。
エンディング用にアレンジされています。

自分は劇中版のほうが好きかなぁ。





日本語吹替え版のエンディングは,May J.が歌っています。
邦題は"Let It Go ~ありのままで~"。
アレンジはデミ・ロヴァート版をくんでますね。


う~ん,ただ正直なんか訳が…。
翻訳の勉強してるわけじゃないんですけど,サビが「ありのままの姿見せるのよ」って,この歌はエルサが王国を離れて自分の魔法を開放して1人で"Let it go"=「ありのままの」姿で生きていくことを決意したことを示す歌だと思うんですが,それなのに「見せるのよ」って言葉のチョイスはどうかと…。






こちらは本国版の予告編。コメディ色が強い仕上がりになってます。


邦題は『アナと雪の女王』と,いつものように絵本のような題名になってしまってますが,日本語は英語と違って1つの単語でビシッときめられるものじゃないから翻訳はいつも苦労してるんでしょうね。
なんか偉そうなこと言ってますがw

"Tangled(直訳:絡まって)"は『塔の上のラプンツェル』になったし,今回の"Frozen(直訳:凍って)"は『アナと雪の女王』。ちょっとパターンが違いますが,"Princes and the Frog(直訳:プリンセスとカエル)"は『プリンセスと魔法のキス』に。
"Enchanted(直訳:魔法にかかって)"は,『魔法にかけられて』と,そのまま良いタイトルになった例ですね。
どうでもいいですが,この映画に関しては"Frozen"って言った方がしっくりくるので,この先も"Frozen"って呼ぶことにしますw





こちらも本国の予告編で,先ほどの予告に比べるとコメディ色は弱くなってます。
劇中歌"For the First Time Foever"が流れます。この歌もいいですよね!





そしてこちらが,我らが日本の予告編。

この予告編では,予告用の声優がキャラクターを演じていますが,最近エルサの声を女優の松たか子さんが演じることが発表されましたね!

ミュージカル女優が歌ったエルサの歌をどんな感じで歌い上げたのかが気になります。
また新しい予告が公開されると思うんですが,いつになるんでしょう。



そして,本日Facebookのアメリカ公式アカウントで紹介されたこちらのページ(英語サイトにとびます)では,25ヶ国で歌われた"Let it Go"を繋げたミュージッククリップが公開されました!


そしてなんと1発目のサビが日本語!
つまり,松たか子さんの歌声がちょっとだけですがサラっと初公開されたワケです!
歌詞はやっぱり「ありのままの姿見せるのよ」ですが,いい感じじゃないですか?!



とにかく公開が楽しみです!

自分も含めて,待ちきれない方のために,輸入盤のサントラの商品リンクを貼っておきますね!


輸入盤は今すぐ手に入るようですし,国内盤より比較的安く購入することができます。
ただ,国内盤にはMay J.の"Let It Go"と,日本語吹替え版の劇中歌が収録されると思われるので,そちらを楽しみにしている方は国内盤の販売を待ちましょう(3月12日発売)。




 

このページのトップヘ